MENU

亀頭包皮炎になったけどプールに入っても大丈夫?

 

亀頭包皮炎になった場合にはプールには入らないようにしてください。

 

大人でも子供でもかかる病気、亀頭包皮炎は包皮に最近が繁殖して起こる皮膚疾患なのですが、もしもプールに入ってしまいますとさらにひどくなる可能性もあります。

 

プールは不特定多数の人が入っていますので雑菌が多くあります、その水に陰茎が振れるようなことは悪化する一方です。

 

また亀頭包皮炎になった場合には飲み薬の他にも塗り薬を塗る場合も多いのですがそれが取れてしまう可能性もあります。

 

ですので完全に治るまでは行くのは我慢しましょう。海水浴の場合も同じです。

 

しかし自宅で入浴するのは問題ありません。しかし清潔なお湯に入るようにしてください。

 

小さな子供がなりやすい病気ですので痛い思いをしたり不便を強いられるのが辛いと思うかもしれませんが取り返しのつかないことになる前に完治させるためには我慢が必要です。

 

下手をすると雑菌が尿道にまで入る可能性もあるのです。

 

完全に完治したかどうかは医師に判断してもらってください。

 

痛みが亡くなったとしてもまだ完治していない可能性もあるからです。不完全な状態で入ってしまうとまた悪化する可能性もあるので気を付けてください。

 

治りかけの亀頭包皮炎で注意しなければならないこと

 

亀頭包皮炎は再発の可能性が高い病気です。

 

特に亀頭が常に包皮に包まれている包茎の方の場合、男性器が不衛生になりやすいので完治してもすぐに再発する可能性が高いです。

 

再発を予防する為には入浴時に亀頭を露出させて綺麗に包皮の内部を洗っておく必要があります。

 

またブリーフなどの風通しの悪いパンツは男性器を蒸れさせてしまいますので治療中は避けるように心がけましょう。

 

男性器を蒸れさせてしまうと細菌やカビの繁殖を手助けしてしまう可能性が高く、治りかけなどの場合すぐに再発させてしまう可能性が高いです。

 

ですので完全に完治するまではトランクスなどの風通しの良いパンツを穿くようにしましょう。

 

また亀頭包皮炎を発症している間は無闇に男性器を手で触らないようにする事が重要です。

 

炎症を起こしている男性器を無闇に触っていると症状が悪化し、感染症などの深刻な病気を発症する恐れがあります。

 

また治療中は男性器を強く擦ったり亀頭や包皮を傷つけるような行為は絶対にしないようにしましょう。

 

特に包茎の方の場合は炎症を繰り返してしまうと包皮と亀頭がくっついてしまい、重度の包茎や真性包茎になってしまう可能性があります。

 

また病院から処方された抗生物質などを含んだ塗り薬は途中で使用を止めないように注意してください。

 

 

 

カンジダの検査ってどんな感じ?

カンジダの検査は痛いんじゃないかと思って、なかなか病院へ行けない人がいます。
でも、カンジダの検査は耐えられないほど痛いということはありません。
カンジダの検査は、女性の場合、診察台に足を広げて上がるため、やはりそれなりに緊張感があります!
いくら医師とはいえ、やっぱり知らない人に性器を見せるのはすごく恥ずかしい事ですからね。
でも、病院で診察してもらうと、完治までにかかる時間が大幅に短縮できるので、やっぱり私は病院での治療派です!
カンジダの検査で痛いと思うことがあるとすれば、やはりそれは検査の時に器具を使われる時ですね。
ひんやりとした検査器具を膣へ挿入されると、痛いわけではないのですが、やっぱり違和感がすごくあります!
特に緊張していて、体に力が入っていると、検査器具の挿入が、不快でたまらなくなってしまいます。
私も最初は、すごく嫌で仕方ありませんでした。
検査器具を使って、膣内の消毒をしたり、膣錠を入れることになるので、やっぱり初めて体験する人は、「痛い」と感じてしまうこともあるかもしれません。
痛みは個人差がありますので、何とも言えないですが、やっぱり検査を受けていて、気持ちが良い物ではないと思います。