MENU

亀頭包皮炎に効果のある市販薬

 

初めて亀頭包皮炎が疑われる症状が発生した場合、多くの人は病院に行くのをためらうでしょう。

 

それは泌尿器科に対するイメージであり、診察をしてもらうことに対する恥ずかしさもあると言えるのです。

 

そのためドラッグストアなどで効果が期待できる市販薬を探すケースもありますが、残念ながら亀頭包皮炎に直接的に効果があると考えられる薬剤は市販薬の中にはないのです。

 

亀頭包皮炎の原因には細菌感染によるものやカビの仲間であるカンジダの感染のケースなどいくつかの種類が想定されますが、いずれにしても市販品で原因から解決することは困難であると言えるでしょう。

 

自然治癒する可能性もありますが、かゆみや痛みと言った症状が治まらない場合には早めに専門の病院を受診することが強く推奨されます。

 

早期の症状であれば医師の処方する治療薬で改善に向かうケースは少なくありません。

 

抗生物質の投与や炎症を抑える作用のある塗り薬などは非常に強力な効果を発揮し、問題の解決に役立ちます。

 

しかし症状が進行してしまうとその様な対応も困難になることが少なくありません。

 

どのような症状でも基本的には同じですが、早めに専門の医師の診察を受け、適切な指示をもらうことが問題解決のために重要なのです。

 

男性のカンジダ市販薬は少ない!

 

カンジダになってしまい、痒みが日に日にひどくなると、「やっぱり、薬を買おうかな」って思うようになってきます。

 

でも、カンジダの薬って、どんなものなのか、よくわからない人が多いと思います。

 

カンジダを治すときには、抗真菌薬が必要になります。

 

カンジダは痒みの症状がひどいので、痒み止めとしてステロイドなどの入った薬を選べばいいのかと思ってしまいがち。

 

でも、カンジダはステロイドでは治りません!

 

カンジダはカビの一種のため、カビの繁殖を抑える効果がある抗真菌薬が有効になります。

 

そして症状や、感染部位によって、どのような抗真菌薬を使うかは、医師によって判断されます。

 

カンジダを治療する抗真菌薬にも色々な種類がありますからね。

 

市販のカンジダ用の抗真菌薬は膣カンジダなのか、口腔内カンジダなのか、それぞれ種類がありますので、よく見て買わないと、家に帰ってから「違った!」となってしまいます。

 

カンジダも部位によって、治療の方法が変わってきますので、やはりまずは薬を間違わないようにしないといけません。

 

ただ、女性の場合は市販の薬が多いのですが、男性の市販薬は少ないので、ちょっと探すのが大変だと思います。

 

男性の場合は病院に行ってしまったほうが手っ取り早いかもしれません。

 

 

カンジダで診察する科は?

カンジダって軽度だと、そのまま放っておく人も多いです。
自然に治ってしまうケースも多いので、わざわざ病院まで行く必要がないと感じてしまう部分があるんですよね。
カンジダの検査や治療って、やっぱり恥ずかしいので、極力行きたくないっていうのが、本音だと思います。
私もカンジダの治療は、軽度だったら行きたくないです。
でも、カンジダになってから、何か月経っても完治出来ない場合は、一度病院で診察してもらうことをおススメします。
女性の場合は、婦人科が良いでしょう。
男性の場合は、泌尿器科が良いですね。
または性病科があれば、一番なんですけどね。
カンジダは自然治癒に任せていると、いつ治るのかわかりません。
完治する前に悪化する可能性もありますから、常に油断できない状態です。
カンジダに何回もなっている人は、特に再発が怖いです。
女性の場合は、一回治っても、再発して繰り返す人が多いですから気を付けないといけません。
本当にしっかり治したいのであれば、やはり病院に勝る治療方法はありません。
ただ、病院ではカンジダが重症の場合は、毎日通院になってしまうのが、ちょっとネックなんですよね。
女性は特に膣の洗浄と膣錠の処置で、数日は通うことになると覚悟をしたほうが良いですね。