MENU

自力で亀頭包皮炎と戦うコツ

 

亀頭包皮炎は完治まで個人差があり、治療方法にもその傾向があります。

 

治療薬を用いることなく、自然治癒した人もいますので、自力で治すこともできるでしょうが、基本は治療薬を用いて、亀頭包皮炎の原因である細菌やカンジダをやっつけるのが正しい治療になります。

 

自力で戦うのであれば、症状を繰り返さないためにできることになるでしょう。

 

亀頭包皮炎は、再発や治りにくい人も多いです。

 

その原因として、細菌やカビの一種であるカンジダは人間の誰もが持っているものであり、それが原因になっていることが厄介な原因です。

 

よって免疫が落ちたときなど、症状を繰り返す人も多いですので、まず免疫力を高めることも重要になってくるでしょう。

 

日頃の生活を見直し、不摂生なことをやめるのも良い戦い方になるでしょう。

 

また日頃から男性器を綺麗にしておくというのも重要な予防策です。特に包茎の人になりやすい傾向がありますので、包皮を剥いて亀頭までしっかり洗うことを心掛けましょう。

 

また炎症を起こしている時は、石鹸などを用いて清潔にするとかえって悪化してしまうことがありますので、その点は注意が必要です。

 

誰もが持っている細菌とカビとうまく付き合っていきましょう。

 

男性カンジタの特徴

 

カンジタというのは性病としてのイメージを強くお持ちの方が多いと思います。

 

このカンジタは季節などとは一切関係がない!

 

そのように思われている方も多いかもしれませんが、実はそんなことはありません。

 

梅雨の時期というのはカンジタを発症しやすいのです。

 

カンジタというのはカビの一種である真菌によって発症するのです。

 

カビというのは梅雨に繁殖しやすいのと同じように、カンジタも梅雨時期になると繁殖しやすくなってしまうのです。

 

梅雨というのは温度が高く非常に湿度が高いです。

 

そのため、下着の中が蒸れやすくなってしまうわけです。

 

それが男性も女性も梅雨時期にはカンジタを発症しやすくなってしまうのです。

 

梅雨時のカンジタを予防するためには、やはり通気性の良い下着を着用することです。

 

湿度がカンジタ菌の繁殖に大きく影響を与えるのです。

 

できるかぎり蒸れにくい環境をつくることが重要なんですよ。

 

しかし、このように湿気を溜め込まないように注意をしていても症状が出るのであれば、その場合には専門医に相談をしてみるようにしましょうね。

 

やはり、素人判断をしてしまうとなかなか治らないこともありますので、少しでも早く専門医に相談をすれば気持ちも楽になりますよ。

 

 

軽度のカンジダはどのくらいで完治?

軽度のカンジダは基本的には、病院へ通えば1週間程度で治ります。
しかし、軽度のカンジダだからと、そのままにしておくと、1カ月以上経っても、治らないことも。
自然治癒を選ぶか、病院での治療を選ぶかによって、かなりカンジダの完治にかかる時間は全く違ってきます。
早くカンジダを治したいと言う人は、出来るだけ病院へ行った方が間違いがありません。
逆にお金をかけたくない人は、自然治癒を選びがちです。
運よく、軽度のカンジダですぐに治ってしま人もいますが、運が悪いと、長期化してしまいます。
カンジダが長期化すると、本当に治りにくいので、女性の場合は、早めに婦人科に行った方がおすすめです。
男性の場合は、カンジダに感染しても、比較的簡単に治りやすいです。
男性の方が、性器が空気に触れて乾燥しやすい構造になっているので、女性よりも軽度で済むことが多いですね。
女性は重症化することも多く、キズをつけてしまうと、血液感染で更に悪化することもありますので、気を付けないといけません。
女性と男性では、全くカンジダの治り方にかかる時間が異なります。
もともとカンジダは女性患者の方が圧倒的に多いので、女性の方が治療も長引きやすいと覚えておきましょう。