MENU

カンジダを治したいのであればおりものシートは使わない!

 

カンジダを治療するには抗菌薬が必要になり、抗炎症薬なんかでは完治できません。

 

デリケートゾーン用の薬は、メントール配合などで、痒みを抑える成分が配合されているので、なんとなく痒みが収まり、効果があると一時的には思うかもしれません。

 

しかし、カンジダの場合は、抗菌薬を使用しないと根本的な治療にはならないのです。

 

あとは、おりものシートは使わない方が、カンジダにはなりにくいって知っていますか?

 

私は結構、下着の汚れが嫌で、おりものシートを愛用していたのですが。

 

でも、おりものシートを使っていた時には、確かにカンジダになってしまうことがたまにありました。

 

今は通気性の良い下着をつけるようになり、おりものシートも使わないせいか、ほとんどカンジダにはなりにくくなりました。

 

やはりおりものシートを使っていた時には、熱がこもるような印象はありました。

 

それがカンジダにとっては増殖しやすい環境で良いんでしょうね。

 

カンジダが気になっている人や、再発が多い人は、一度おりものシートを利用するのを止めて見るのも良いと思います。

 

または、おりものシートの交換頻度を、もっと多くするかですね。

 

おりものシートの交換頻度が高ければ、それだけ衛生的に保てますので、カンジダにもなりにくくなると思います。

 

膣カンジダ?それとも細菌性膣炎?

 

カンジダに感染したと言っても、実は治療に使う薬は全部一緒なわけではありません。

 

膣カンジダは膣カンジダ用の抗菌薬が必要になり、口腔カンジダであれば口腔カンジダ用の抗菌薬が必要です。

 

色々な種類の抗菌薬があるので、各自の症状などによって医師が判断して処方してくれます。

 

ただ、細菌性膣炎はすごく女性にとっては嫌な病気です。

 

カンジダも十分面倒なんですが、細菌性膣炎の方が、妊娠中は流産や早産につながりやすいので危険なんです。

 

カンジダの場合は、カビが原因なので、1週間くらいちゃんと病院で治療してもらったら、それほど妊娠中でもひどいことにはなりません。

 

私の病院の先生も、カンジダになったくらいでは、何とも思わないようで、「よくあるんだよね~」と、全く深刻な様子ではありませんでした。

 

やはり妊婦にとって、流産や早産は、一番気になるん問題ですので、カンジダよりも細菌性膣炎の方が注意をしないといけません。

 

カンジダは免疫力が低下している時に勝手になってしまうものですが、細菌性膣炎の場合は、普段からデリケートゾーンの周辺を清潔にして膣内洗浄をしている人なんかが逆になりやすいと言われています。

 

なので、膣内洗浄のし過ぎというのもあんまり良くないってことなんですね。