MENU

厄介なカンジダの治療

 

膣カンジダは膣内が酸性に傾くと発症しやすいって言いますね。

 

身体を酸性にするのはストレスが原因と言われていますから、ストレスを解消することがすごく大事なんです。

 

膣カンジダは一回なってしまうと、再発も多い部位です。

 

そのため、膣カンジダの予防をするのであれば膣内が酸性に傾かないように、日頃からストレスと上手く付き合うことが大事になってきます。

 

また、カンジダはすぐに治る!

 

こんな意見をしているサイトをたまにみます!

 

確かに、男性のカンジダや、病院に連日通って膣錠を使っている人は早く治ります。

 

でも、自然治癒に頼った場合や、女性の場合は、簡単になんか治らない!

 

ひどい場合は、一回治ったと思ったら、すぐに再発です!

 

女性のカンジダは簡単に治ると思ってはいけません!

 

再発含めると、かなり厄介な病気です。

 

そのため、カンジダの治療をバカにしている人は後ですごく後悔をする可能性があります。

 

カンジダになってしまった場合は、やっぱり病院で診察してもらうのが最も早く治る方法なのでおススメです。

 

でも、もしも自然治癒やカンジダ治療用のサプリで対応しようと思っているのであれば、長期戦になります。

 

簡単に治ると思っていた人にとっては、思わぬ苦戦をすることになりますので、早く治したい人は病院をおススメします。

 

赤ちゃんへのカンジダの感染

 

カンジダ菌の増殖は酸性の時に起こりやすいので、体を酸性にしないということが一つ大きなポイントになってきます。

 

もともとカンジダはストレスと大きく関係していると言われており、ストレスが引き起こす体内の酸性化によってカンジダが増えやすくなるので、気を付けないといけませんね。

 

ただ、妊娠中のカンジダほど嫌なものはありません!

 

やっぱりカンジダにならないで済むのであれば、それが良いに決まっています。

 

カンジダになってしまうと、出産までに時間がある人は良いですが、もうすぐに迫っている場合は、治療時間がなく、そのまま抗生物質を点滴しながらの出産になってしまうと思います。

 

私も周りでは、カンジダになってしまった場合、多くの人が抗生物質の点滴で乗り切っています!

 

まあ、その分処置費用がかかりますので、普通の人よりも出産費用がちょっとだけ高くなりますが。

 

やはり赤ちゃんへの産道感染が心配なので、安全に出産したいと言う気持ちはすごく強くなってしまいますね。

 

カンジダになってしまうと、産道を通った時に、赤ちゃんの口などから感染することが多いと聞きます。

 

感染した赤ちゃんの場合は、口の中に白いカビがびっしりと生えてしまうので、すごくショックだそうです。