MENU

自宅でもできるカンジダ治療

 

カンジダとは、女性の膣など体内に存在するカビが原因で発症する病気です。

 

男性、女性共に、性器に症状が現れるため、性交の時接触した場合、相手に感染する可能性があります。ですが、性感染症とは違うものです。

 

女性の場合、膣が体の内部にあるため、男性よりもカンジダの発症率は高いのも特徴です。

 

また、性器以外にも皮膚や口にもカンジダを発症する場合もあり、かゆみなどが出る場合もあります。

 

症状は、主に性器のかゆみ、痛み、腫れなどです。免疫力が低下した場合にカンジダが増殖し症状があらわれます。

 

自宅での治療法としては、免疫力低下により発症するものなので、免疫力を上げることが重要になります。

 

ストレスや睡眠不足、不規則な生活の改善などを心がけることで健康的な状態を保ちましょう。

 

また、湿度が高かったり、不衛生な環境では、カンジダが増殖することになります。

 

できるだけ、清潔な状態を保ち、発症している部分がむれないように気をつけるのも大切です。

 

重い症状の場合では、病院で診察してもらい、適切な治療を受けるほうが早いですが、軽い症状なら、免疫力を極力上げることである程度の改善がみこめるでしょう。

 

健康的な生活、清潔で湿度が高くない状態を保つことが重要です。

 

 

カンジダでやりがちな失敗

 

カンジダサプリって本当に効果があるのか謎だけど、再発予防にはすごく評判が良いですね。

 

さすがにカンジダサプリだけで、悪化したカンジダを膣錠のように早く治すことは無理のようですが。

 

何度も何度もカンジダの再発に悩んでいる人にとってはカンジダサプリはかなり役立ちそうです。

 

また、カンジダになった人が、意外にやってしまいがちな失敗がお風呂です!

 

カンジダの痒みからゴシゴシと患部を洗ってしまって、カンジダがますますひどくなることがあるのです!

 

そのため、お風呂に入った時には、お湯洗いで優しく患部を綺麗にすることが大事です。

 

あんまりにもカンジダの痒みが酷くて、掻きまくると、キズが出来てしまったり、黒く色素沈着してしまうことがあるので注意が必要です。

 

カンジダの時には、患部を清潔にする必要がありますが、強くこする必要はありません。

 

おりものの量が多い時には、部屋にいる場合、1日に何度かシャワーを浴びて、お湯洗いしてよく乾かすと、さっぱりします。

 

あまり香料などが強い物を使うと、カンジダにとってはあんまり良くありません。

 

特にボディーソープや石鹸を使うのであれば、刺激が少ない物を選ぶようにしましょう。

 

それだけでも症状が違ってきますよ。

 

カンジダで病院行きたくない

女性の場合、カンジダになっても、病院行きたくないっていう人がかなり多いです。
やはりそれは、カンジダ検査が口コミなどで痛いと評判だからだと思います。
勿論、カンジダ検査を痛いと思わない人もいますが、初めての人からしたら、検査器具を体に入れられるあの恐怖心は、もう痛いと感じてしまうのも無理はありません。
膣内の炎症などもちゃんとチェックしてくれますので、病院では体の力を抜いて、お医者さんにすべてをお任せするようにした方が良いです。
経験上、体に力を入れてしまうと、どうしても検査器具を挿入した時に、痛みを感じやすくなるような気がします。
リラックスした状態で、検査器具を入れてもらったほうが、やっぱり不思議と痛みは感じにくくなるのです。
婦人科の待合室にいる段階で、もうドキドキ状態だと思いますが、診察台に上がった時には、出来るだけ体の力を抜くようにしましょう。
それがカンジダ検査で痛みを感じないようになる大きなポイントです!
体に力を入れて、お医者さんからも、「体の力を抜いてください」と指示をされることがあります。
身体の力が抜けると、それだけスムーズに検査器具が入っていきますので、痛みを感じないで済みますよ。