MENU

カンジダを自宅で自然治癒させたいときは

 

カンジダ菌が増殖し、発症してしまった場合、かゆみや痛みがつらいものです。

 

また、性器に症状がでるため恥ずかしい気持ちもあり、なかなか病院に行く気にならない方も多いはずです。

 

ですが、発症した状態で放置するのは悪化する原因にしかなりません。出来る事なら病院に行き、治療を受けるほうがいいでしょう。

 

適切な治療をしてもらえるので、早く症状が改善し、完治する可能性が高いはずです。

 

症状がもし軽い場合ならば、自宅での自然治癒も期待できます。カンジダ菌は免疫力が著しく低下状態にあると、菌が増殖することになります。

 

菌が増殖してしまうと、かなりのかゆみや痛み、他にもさまざまな症状が出る場合があります。

 

そのため、自宅での対処法としては、免疫力を高めることで菌の増殖を防ぐことが治癒への近道になります。

 

発症したということは、風邪やストレスなどにより免疫力が低下している状態にあります。まずはそれを改善しなければなりません。

 

栄養をしっかりと摂り免疫力を高めるために、栄養バランスのとれた食事を心がけてください。

 

また、患部が不衛生であると菌を繁殖させることになりますので、できるだけ清潔な状態を保ち、菌の繁殖を抑えましょう。

 

カンジダの再発に悩んでいる人は試すべき!

 

なかなか食生活を変えられず、カンジダの再発に悩んでいる人は、カンジダ専門のサプリを飲むのも一つの手段です。

 

カンジダ専門のサプリを飲むと、これまでしつこく繰り返していたカンジダの再発が軽減することが出来ると期待をされています。

 

既にカンジダに感染していて、症状もかなりひどい場合は、病院での治療や膣錠の方が有効ですけどね。

 

あとは、膣内洗浄が癖になってしまっている人は、カンジダになりやすい体質と言われています。

 

膣内は通常、乳酸桿菌やカンジダ菌などの常在菌が、それぞれバランスを保って共存しているのです。

 

ところが、膣内洗浄をしてしまうと、膣内の常在菌が弱ってしまい、これまで保っていたバランスを崩しやすくなってしまうのです!

 

カンジダになるのは、免疫力が低下している時ですので、膣内洗浄時というのは、まさにカンジダが繁殖するのには良い環境。

 

つまり、膣内洗浄をするというのは、免疫力を自ら低下させてしまい、カンジダに増殖のチャンスを与えてしまう事になる可能性があるのです。

 

そのため、膣内洗浄を過度にすることは良くありません。

 

カンジダ検査で痛みを感じる原因とは?

カンジダ検査で痛いと感じてしまう人の一番の原因は『緊張』だと思います。
私はこれまで、自慢じゃないですが、カンジダを何回も経験して病院へ行ったことがあります。
検査器具の挿入による痛みっていうのは、やっぱり何回受診しても感じることがります。
でも、カンジダ検査で痛いと思わなかった時の共通点は、やっぱり緊張感がなく、体がリラックスした状態で診察を受けられた時です。
初めて婦人科に行った時には、緊張でカチコチで、体に力が入りまくってしまい、それはも検査器具が入ると痛いので歯を食いしばるような思いで、診察を受けていました。
でも、たまたま担当医が検査器具の扱いが上手い人だったせいか、2回目、3回目と通っているうちに、カンジダ検査を痛いと感じなくなってきたのです。
特に緊張しないで、だらんと股を広げた時ほど、全然痛みがなかったのです!
先生も緊張しているか、リラックスしているのかわかるようですしね。
緊張して体がこわばっていると時は、やっぱり先生の方から、「力を抜いて~」と言われました。
余計な力が入ってしまうと、痛みを無駄に感じやすいので、やっぱりリラックスした方が良いと思います。
体に力を入れないように気を付けましょう。

 

 

女性の場合は、膣内洗浄をやめたことで、カンジダになりにくくなったと言う人もいます。

 

カンジダの再発が多い人は、膣内洗浄を控えてみるのも良いのかもしれません。